kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

恋人とお付き合いして1年が経過しました

先日の3月28日で、恋人とお付き合いしてから1年が経過しました。ここで書いた人です。

kondoyuko.hatenablog.com

 3月28日はお祝いをしようと、2人して午前中から美容院に行き、髪を染めて、1周年の記念に、青山3Dスキャンスタジオさんで全身を3Dスキャンしてきました(たぶんカップルフォトみたいな感じ)。

その後、付き合うことになった日に一緒に見た、神田川遊歩道の桜並木を見て、1年前に行った飲食店でご飯を食べました。1年前に会った日、最後に行ったクラフトビール屋さんは休業で行くことが叶わず。残念な気持ちと、再度行くのがちょっと恥ずかしかったのでホッとした気持ちとがないまぜになりながら、私達が住む家の近くのクラフトビール屋さんに行きました。

 私達はこの1年、「不思議だ」と何度も繰り返して言ってきたような気がします。ちょっとしたきっかけで接近するようになりましたが、そうしたことがなければ、単にSNSでつながっているだけの薄い知り合いに過ぎなかっただろうこと。いろいろなことが違うのに、歩くスピードやご飯を食べる速さ、味の好みや生まれ故郷の地域、肌に触れた感じなどがとっても似ていてフィットすること。IKEAのサメのぬいぐるみを「シャーくん」と名付けて慈しんでいること。そうしてついに一緒に住むようになったこと。2人が接近する前の関係と比較しては、しばしば不思議な気持ちになっています。

この1年、彼の言葉を借りれば「平和」で「楽しい」。私にとっても、これまでの人生で最高になりきれなかったところ、例えば住居やパートナーシップが、一気に最高になってしまいました。なってしまった、というのは少し意図があって、「もうこれで言い訳をすることができなくなった」というニュアンスなのですが……でもそうやって自分を前向きに変化させていったときに何が起こるのかは楽しみなところではあります。

話は変わって、つい先日までnoteの毎日連続投稿チャレンジを続けていて、ちょうど引っ越しをする日まで書いていたのですが、引っ越しを機になんだか書けなくなってしまいました。最初は、新生活や新しいルーティンに慣れてないだけだと思いきや、少しずつ整ってきてもなんだか書く気になれず……。当初は、新生活に慣れるために積極的にnoteを書かない選択をしている、と思うようにしてましたが、せっかくの新生活の学びを記録できていないのも悔しく、デメリットを感じるので、やっぱり書くことを習慣化したいなぁと考えています。

ということではてなブログをもうちょっと更新しようかな、と考えているところです。