「DevRel Meetup in Tokyo #36 〜各種報告会〜」に参加&LT登壇しました #devreljp

前回のエントリでアウトプット意欲が増しているので、先日参加&LT登壇した勉強会のブログを書いていきたいと思います。

DevRel Meetup in Tokyo」は開発者向けマーケティング「Developer Relations(DevRel)」に関する勉強会で、私も参加できるときには参加しているコミュニティです。

今回は「各種報告会」というテーマで、各人がDevRelに関するイベントに参加してきた報告をする会でした。自分が仕事でイベントを企画していることもあって参考にしたいこともあり、自分が主催した勉強会についてLTしたいなーというのもあり、気合を入れて参加してきました。

Togatterのまとめはこちら:

togetter.com

会場はヴァル研究所さん!

f:id:kondoyuko:20181114235132p:plain中央線の民としてはめっちゃテンションの上がる高円寺での勉強会開催。高円寺に本社のある企業として有名なのは、「駅すぱあと」でおなじみのヴァル研究所と、ゴルゴ13で有名なリイド社、最近だとオミカレさんが高円寺に移転しましたね。

イントロダクション

èªå代æ¿ãã­ã¹ãã¯ããã¾ããã

最近マイクロソフトに転職された、司会のおだしょー(@MS_odasho)さんによるイントロダクション。ハッシュタグで投稿してねーだったり、コミュニティ入ってね、自己紹介は20秒だよ(最近面白かったイベントは?と聞く)だったり。グッズもありますよー!

suzuri.jp

DevRel Meetup in Tokyoとしての技術書典5参加報告

まずはDevRel Meetupとして技術書典5で出展した報告を。tarotaroさんは技術書典の概要や出展の様子などを、大泉さんは実際の本の中身や販売、打ち上げの様子などをお話いただきました。

技術書典 概要と制作過程、当日の様子

まずはtarotaroさんから。技術書典は、技術同人誌オンリーのコミケみたいなイベント。技術書典5は池袋サンシャインシティで行われ、470サークル、来場者は1万人を超えました。ほんと回を重ねるごとに規模も大きくなり、改善もものすごく重ねられているすごいイベントです。

今回、DevRel Meetup in Tokyoとしては、DevRelの「光」と「闇」の2冊の本が販売されました。それぞれ600円、2冊買うと1000円で、コースターもついてくるそうです。

Kindle Direct Publishing(KDP)でも販売しているとのこと。

デベロッパーコミュニティ【光編】

デベロッパーコミュニティ【光編】

 
デベロッパーコミュニティ【闇編】

デベロッパーコミュニティ【闇編】

 

 配置は結構いい場所だったそうです。私も一般来場者として行ったのですが、とくにブース番号をチェックしてなくても声かけていただいてすぐ見つけられました(買いましたw)。

バックアップ印刷所として、「日光企画」「ねこのしっぽ」さんがあり、日光企画さんにお願いしたところ自分のサークルのブースまで届けてもらったそうです。
別の印刷所にたのむと、自分のサークルではなく、荷物スペースに置かれるのでちょっと戸惑ったサークルさんもいらっしゃったとのこと。

スペースは基本的にはコミケとおなじ、長机半分の90cm×奥行き45cm。

頒布結果としてはほぼほぼ完売し、技術書典公式が提供している後払いシステムを結構利用した人がいたそうで、その場でお金を出さなくていいってのが便利だったそうです。
売り切れたときのために、技術書典当日からKDPにアップロードしてたそうですが、「紙で持って帰りたくない」という人も一定数いて、売り切れてなくてもKDPが売れたそうな。

すごいひとは4~50冊くらい一度に買っていて、会社の人のお使いを頼まれていたり、仕入れをしたりしてるんじゃないかと思うほど。打ち上げ費用の足しになるくらいは売れたみたいです。

売り方のコツとしては、470サークルあると、声をかけて呼び込みをしないと売れない。でも声かけて知り合いだったら売れる(私もそのパターンだ)。

私も次こそは個人的に出してみたいと思っていたので、参考になりました!(特に印刷所のあたり)

寄稿と売り子と餃子!

www.slideshare.net

そして大泉さんからは実際の書籍の中身の話。

大泉さんは、もともとCOBOLエンジニアだったのが、最近ロールチェンジして自社オウンドメディア「STORESサイト」の編集長に就任。以来、アドベントカレンダーや個人ブログなどさまざまなアウトプットを重ねている方。今回初めて書籍を書いたのが、このデベロッパーコミュニティに関する書籍だそうです。

【光編】では、とあるエンプラ企業に務めている人が、社内になかったエバンジェリストのロールを作り、どんなキャリアを描いていったかという、実体験を参考にした焼殺だそうです。飲みながら色々伺ったり、メッセンジャーで10~20回ほど追加インタビューして執筆したそうな。

【闇編】では、企業における開発者マーケティングで「こういうのあるあるだよね~」みたいなA4サイズ1枚で、4コマ漫画のイメージでまとめたというもの。開発者マーケティングへの取り組みにたいするリトマス試験紙みたいなもんだそうです。

初めての紙媒体執筆なのに、多様な筆致のアレンジしてて面白いなーと思いました。

大泉さん、実際に購入した方にセルフィーを求めてらっしゃって、私も乗っかったのですが、たくさんいいね数も獲得し、よきかなと思います。

さいごに:

 

DevRel Summit@シンガポールAPI the Docs@ロンドン

DevRel Meetup in Tokyo主催の中津川さんからは、DevRel SummitとAPI the Docsの2つの海外イベントについて2本立て!

DevRel Summit@シンガポール

まずはDevRel Summit@シンガポール。参加者は50名くらいで小規模ですが、シンガポール、タイ、マレーシア、韓国、インドネシア、日本、アメリカ、ヨーロッパ、インドと幅広い国から集まりました。さすがアジアのハブ!

トークは、GitHub、Slack、TwilioなどのDevRelだったり、LINEにおけるWoWの作り方をLINEのタイの方が喋ったりしたそうです。DevRel Summitでテーマにあげていたのはダイバーシティで、女性の登壇者が半数以上。Tech業界への女性の進出を促すNPO団体「Women Who Code」のコミュニティメンバーも登壇したそうです。

シンガポールの特徴として、意外にも開発者人口が少ないこと、そのためDevRelの文化はないが、世界最大のオープンソースイベントであるFOSSASIAや、JavaScriptコミュニティであるJSConfなどのOSSが盛ん。

海外のカンファレンスあるあるとしては会場が寒い! アジアのカンファレンスに行くならパーカーを持っていこう。

そんなシンガポールの辛いところはどこか? AWS、MS、IBMなどUSのプラットフォーマーの狩場になってて国内ベンダーが育ってない。みんな英語使えるし……。シンガポールのTech企業といえば、ブロックチェーン、ドローンなどC向けのサービス

シンガポールの魅力はハブであること。他の地域にいくのにめっちゃ楽。英語が通じること。治安がよくてきれい。公共交通機関が発達している。ex-link(日本のSuicaみたいなもの)が使える、Uber撤退(Grabが使える)、自転車のシェアリングが撤退、現金とカードが半々などなど。

ちかいうちに一度、FOSSASIA行ってみたいな~と思いました! 2019年の3月にもFOSSASIA Summitがあるみたいです。来年行けるかわからないけどシンガポール行くならその日に絡めて行きたい。チケットも日本の有償カンファレンスくらいでそんなに高くないし(って個人で参加するならCommunityを選べばいいのかしら?)。

2019.fossasia.org

API the Docs@ロンドン

そして、DevRelCon@ロンドンと近いタイミングで開催されたAPI the Docs。その名のとおりAPIドキュメントに関するイベントです。

API the Docsでの中津川さんの登壇スライドはこちら。

speakerdeck.com

中津川さんのセッションでウケたのは以下。マンガを使った日本らしさがよかったのかもとおっしゃってました。

APIドキュメントについて普段あまり考えたことがなかったんだけど、決済サービスStripeの3カラムのドキュメント(左に目次、真ん中に解説、右に実行環境)が完成形らしい。

stripe.com

あとPOSTMANというサービスを初めて知った。

www.getpostman.com

海外カンファレンスでの資料の作成ポイントとして、以下が語られました。

  • 漫画、アニメをフックにするのは日本人らしくてよい
  • 美少女キャラ、露出が多いキャラ、幼女は世界的に地雷になりうる
  • 権利関係に注意

API the Docs Tokyo 2019」というイベントも計画中なのだとか。本業の観点で参加? 取材? してみたいなぁ。中津川さんのセッションは「CFPをぜひだそう!」というメッセージで締めくくられました。

DevRelCon London 2018

IBMのはぎのさんからは、DevRelCon London 2018の報告です。DevRelConとは、Developer Relationsについてのカンファレンスで、今年で4年目。ロンドンで最初に開催され、その翌年にサンフランシスコで開催したとのこと。

はぎのさんは2016年のDevRelConより、毎回スピーカーとして登壇しています。今年はアンカンファレンスで登壇されたとのこと。

DevRelConは、世界各国のDevRel界隈の第一人者たちが一同に介するところが魅力で、今回のDevRelCon London 2018において、初めてアンカンファレンスを実施しました。アンカンファレンスの会場はマイクロソフトのReactor London。

 

はぎのさん、本編のCFPは残念ながら採択されず、運営のマシューに「どっか喋れる機会ない?」と聞いたところ、アンカンファレンスを紹介されたそうです。当日朝、自分のしゃべりたいセッション内容を書いたり、ディスカッションテーマをホワイトボードに書いて、参加者全員が投票し、投票数が多かったものから採択されてその場でしゃべるそうです。

以下のTweetで紹介しているのが本編の会場。

 Tweetに書いているように、右側に映っているテキストは速記の人がカタカタ書いているそうです。私が3年前取材で行った海外カンファレンスでも、耳の聞こえない人向け?などアクセシビリティの観点でこのような字幕が出ていてありがたかった覚えがあります。

会場には、ステッカーエクスチェンジのコーナーや、充電コーナーなども。そして打ち上げはカラオケ! DevRelConのメンバーはカラオケが大好きなのだとか。

そして、海外カンファレンスに関する費用対効果の話。海外カンファレンスに行くにはお金がかかります。会社のお金で行く場合、どう説得するか?

得られるものとしては以下のものなどがあります。

  • 世界中のキーパーソンとの人脈
  • セッションは動画で見られるが、リアルな登壇者との会話 ブースで得られる情報などは基調
  • ワールドワイドカンファレンスでの経験値

そして、スピーカーやブースとして露出すると以下のメリットがあります。

IBMさんでもブースを出していましたが、会場からの「どんな出展内容にしているの?」という質問には、IBM Code Patternsを絡めた展示にしたり、テクニカルな内容を話したりしているという回答が。「IBMはすでに有名なのになぜブースを出すのか」という質問には、IBMにはエンタープライズメインフレームのイメージがあるので、そのイメージを変えていきたい、というお話がありました。

費用対効果の説得としては、社内で海外カンファレンスに行った知見を10人にレクチャーすれば、カンファレンスに行くのにかかった1/10で教育できるということ。

ブース出展費も、仮に50万円だとすると参加者200人にリーチすると2500円、その人達が広めてくれるとするともっと安くなるといえる。セールスのロジックだと弱いけど、これだけのマーケティング効果があるよと言えるんじゃないか、という説明がありました。

そして重大発表!

 

 

Tech Pub vol.6 書き続ける技術(勉強会・カンファレンスレポート編)の報告

私からは、前回のエントリで書いたTech Pubの報告を5分でしました。

kondoyuko.hatenablog.com

写真ありがとうございますー! 

めずらしく発表前にスライドアップしました。ブログ書いてから資料作ろうと思うとブログの公開がギリギリになってしまい、勉強会が始まる直前30分間で作ったスライドなんですけどね。。。

www.slideshare.net

内容は今までたくさん語ってきたのでよいとして、自分のふりかえりとしては以下の通り。

  • スライド1枚目を出したままで、少し漫談(自己紹介コーナーで喋りきれなかったことを喋った)したのは写真を撮られる観点でよかった
  • 5分に収めたのもよかった
  • みんな知ってるやろーと思い、Tech Pubの説明が駆け足だったけど「あれは何のカンファレンスなんですか?」と聞かれて申し訳ない気持ちになった。早口過ぎた
  • セッション内容を喋ってるとき、前を向いていられてたか覚えてない
  • とはいえ発表はまったく緊張しなくなったなー。だいぶ場数踏みましたわ

2次会

 IT業界の勉強会で、高円寺で飲んで帰るのが嬉しくて仕方がない。

おわりに

カンファレンスの作り方の参考になるとともに、「技術書典出してみたいな」「海外行ってみたいな」と思えた回でした。そしていつかはカンファレンスにCFP出して登壇してみたいなあ。

カンファレンスや勉強会レポートをいかに書き続けるかについての勉強会を主催した #techpub

f:id:kondoyuko:20181114083246p:plain

ハイこんにちは。本職はITエンジニア向けウェブメディア編集者のid:kondoyukoです。

インターネットに文章を書くのが好きだった(かつ幸いにしてまわりから面白いと言ってもらえた)から今の業界に入ったはずなのに、いま全然文章が書けていません。編集者ってね、自分で書かなくてもいいんですよ。私の仕事だと、エンジニアさんに寄稿してもらうとか、インタビューでは自分で企画と質問だけしてライターさんに書いてもらうとか、近年だとイベント企画まで、自分で書くだけでなくあらゆる手段を使ってコンテンツを届ける面白みがあるんですが、そういうことやってるとホント記事を書くのが億劫になってしまう。それがとても辛いんです。そして(たぶん一番私の本領を発揮する)この日常ブログでさえあんまり更新できてない始末。

そんななか最近思うのは、エンジニアさんのアウトプット力超すごい。毎度規模が拡大する技術書典の勢いヤバすぎ。そして、IT系の勉強会やカンファレンスとかに行くじゃないですか。主催の方は「ブログ書いてー!」って言うんですが、実際にTwitterとかで反応見ると「あのカンファレンスとあの勉強会のブログ書いてない~~~書くぞ!」みたいなやる気に満ち溢れた投稿があるんです。眩しすぎる。

今回は、そんな私が、自分自身が欲しくてたまらない、「これをきっかけに自分を変えたい!」と思って主催した勉強会の話をしたいと思います。

techpub.connpass.com

 
それぞれのセッションの中身については、それぞれのセッションの登壇資料や、登壇者の一人であるしんやさんにブログ書いてもらいましたのでそっちをぜひ読んでください!

dev.classmethod.jp

 

当日のTweetはこちら

Tech Pub vol.6「書き続ける技術」(勉強会・カンファレンスレポート編) #techpub - Togetter

どんな勉強会を開催したの?

今回は、私が主催している「Tech Pub」という勉強会の中のひとつとして開催しました。テーマは「書き続ける技術」(カンファレンス、勉強会レポート編)。

Tech Pubとは20173月から不定期でやっている勉強会で、「ITエンジニアにコンテンツを発信したい人」を対象にそのノウハウをシェアする場所です。

参加対象は主に以下の3パターン。

それぞれ力点を変えつつも、割とどの属性の人が来ても楽しめるような企画を目指しています(ちなみに私の仕事的にも上記はみんなつながりたい方達です)。

最初は頑張って月1でやってたんですが、本業が忙しくなってブランクが空いてしまったものの、今回ピコーンとコンセプトから登壇者候補まで閃いて、その旨をFacebookに書き、多くの方に背中を押してもらい実行に移すことにしました。「やるぞ!」と表明しないと動き出せない私。。。

今回の登壇者さん

勉強会・カンファレンスレポートを「書き続ける」というテーマを考えた時に、めちゃめちゃアウトプットされている以下の3人のことがパッと頭に浮かびました。

・「編集者・ライター」の視点では馬場美由紀さん

・「広報・マーケティング」の視点ではLINEの櫛井優介さん

・「エンジニア」の視点ではクラスメソッドのしんやさん

(3人ともお仕事その他で大変お世話になっている方です!)今回の登壇のご相談をしたところ、みなさん快く引き受けてくださいました! 本当にありがとうございます!!! 

勉強会の当日

最初に私から、Tech Pubの趣旨説明の話、今回のテーマの話を。毎回来場者のみなさんに手をあげてもらってアンケートを取ってますが、エンジニアの方が少し多いかなという感じで割とバランスよかったです。初めての方が多くて(前も来たことあるよーという方は数人くらい)、特に「connpassで見て面白そうだからきました」という方が多かったです。

櫛井優介さん「社内に情報発信する文化を根付かせ 定期的に更新可能な体制にする方法 」

www.slideshare.net

LINEのCulture Evangelistである櫛井さんには、技術広報の視点で会社ブログを活性化させるお話をしていただきました。「個人ブログと会社ブログの話どっちがいい?」と聞かれて、個人ブログの「さらりと参加してきた」シリーズなどの話も聞きたいし捨てがたいけど……ここは「会社ブログで!」とお願いしました。

企業がブログを書くことのメリット、ブログを書く文化を根付かせるには、実際に執筆する方(エンジニア)のやる気スイッチの押し方、といったアジェンダで、企業から個人まで幅広い視点をお話いただきました。

企業ブログは情報発信としてコスパがいいけど、継続するコストが高い……それをどうやって仕組み化しているか? ブログ専任の担当者をつけ、下書き段階で見せてもらう、締切を設定する、面倒な調整を引き受ける……これって編集者のやってる仕事だ!と思ったのでした。ブログ担当者と書き手だけでやり取りしてるとなあなあになってしまいがちなので(ありがちだ……)、第3者も巻き込んで見える化するというのも知見でした。

質疑応答も活発で、KPIはなにか?という質問には、PVにすると炎上に走ってしまう可能性があるので、次に繋がること(登壇の依頼がくるなど)をKPIにおいているんだという回答をいただきました。

編集者やそのように立ち回ってる人達に向けて、スピンオフ的に「書かせ続ける技術」ってのも面白いかもなぁ。

馬場美由紀さん「イベントレポートを書き続ける技術」

いろんな勉強会でお目にかかり、レポートを書いている馬場美由紀さん。実は登壇は初めてだったそうですが全くそんなことは感じられない堂々とした発表と完成度の高い資料でした!

いままで4000本もエンジニア向けの記事を手がけられてきた馬場さん。惜しまれながら終了してしまったものの、いろんなイベントのレポートやインタビューが掲載され、愛されていた「CodeIQ MAGAZINE」も、実ははてなブログから始まったのだそう。最初の馬場さんのミッションは、CodeIQを広めるために、月に8回技術勉強会に参加してLTをすることだったそうだが、その勉強会レポートをはてなブログに掲載し、それがバズったり色々なレポートのオファーをいただいたりしてメディア化されたのだそうです。

馬場さんのセッションは、メディアを運営し、多種多様な勉強会、さまざまなパターンのレポートを書かれているならではの知見が語られました! Tweetでそのエッセンスを紹介します。

 

 

オススメのカメラ情報(ソニーα7S)まで教えていただき、質問も盛り上がりました!(明るく撮れるやっぱりソニーらしい:最近カメラ購入を検討してるので参考になりました…!)

しんやさん「 勉強会・カンファレンスレポートを累計400本近く書いたので経緯とか要点をまとめてみた」

 

speakerdeck.com

 とにかくアウトプット量がものすごく、Developers.IOのほか、私が本業で担当しているCodeZineにもレポートを書いてくださっているしんやさん。しんやさんがCodeZineに書いてくださってるレポートは、ですます調なんだけどこなれていて、エンジニアさんからの発信らしさもあっていい記事だなあと思ってます。

 しんやさんのセッションでは、自分のレポート執筆に関する今までの変遷と、レポートを書くことのメリット、そして書き続けるためのコツをお話いただきました。「レポートは次の勉強会に参加するまでに書き上げよう」だったり、とにかく書きながら、書き続けるスタイルを試行錯誤しようといったメッセージをお話いただきました。

 今回を機に今までの執筆活動の総まとめをしてくださったようで、約50枚のスライドに、そこには含められなかったものをブログにもしてくださいました。ブログもほんと具体的なノウハウの宝庫でめっちゃ読んでほしい!

dev.classmethod.jp

 勉強会レポートを書くことのデメリットをあえてあげるとすると「しんやさんが書いてるからもういいや」って周りが思っちゃいがちなことがあるとのことでした。主催はいろんな人の意見を求めてるからぜひ気にせず書いてほしい!と呼びかけていたものの、たしかに、しんやさんの #techpub 参加レポートが上がったのをみて確かにちょっと「おおっ、これで十分なんじゃないか」という気持ちが興ったでもその気持ちを必死で振りほどき、とにかく書こうと、これを書かなかったら自分は変われないんだ!という気持ちでいま書いています。Tipsとしては、先にしんやさんのブログ読んじゃうと「あーこれ以上いいの書けないなー」と思っちゃうので、自分が書いた後の楽しみにとっておくとかでしょうか。。。

3人の発表を聞いて

 それぞれの発表ではいくつか共通事項もあり、アウトプットし続けている方だからこその知見がそこにあるなぁと思いました。

  • 記事を公開する時間は11 or 17時(昼休みに読んでほしいか終業後に読んでほしいかによって変える)
  • 時には動画でセッションを押さえる(私はここまでやれてなかったなーと)
  • やっぱり地道に書き続けるしかない

質問やフィードバックもめちゃめちゃ活発で、みんな書きたいけど書き続けるにはどうしたらいいか、人に書いてもらうにはどうしたらいいかに悩んでるんだなぁと実感しました。

LT

LTは勉強会・カンファレンスレポートに限らず「書き続ける技術」というテーマなら何でもOKとしました。飛び入り含めて4人の方にお話いただきました。

uchanさん「段階的に進展するプログラムについての解説書の執筆を Git で支援する」

 技術同人誌や商業出版で執筆経験のあるuchanさん。開催前から「楽しみだな~」と投稿してくださっていて嬉しかったのでした!

『30日でできる!OS自作入門』のような段階的に進展するプログラムを1日ずつ説明するような技術書の執筆を支援するプログラム「git-extract-tags」の紹介をしていただきました。当日はトラブルがありうまく行かなかったデモを動画にしてくださいました!

それにしても動画デモってなかなかいいですね。分からなければ止めて見返せるし、解説つけていただいているし(イベントだと目が悪くてデモ何やってるか見えない人)。

www.nicovideo.jp

もふもふさん「頑張らずに書き続けるための技術」

rimarimadan.hatenablog.com

技術書典やブログなどで執筆しているもふもふさん。

書き続けるために、周りの評価を気にするのでなく、自分の中の喜びを大切にすることをお話いただきました。

たとえば「イベントの開会、閉会の拍手に参加する」こと。これは自分が締切を守ったから享受できる喜びなんだと。私もついつい承認欲求ドリブンで動いちゃうけど、なんだかじんときて、自分の心の動きを大切にしようって思いました。

大泉さん「いきなり会社の公式ブログでデビューして1年、技術書典に出るまで」

www.slideshare.net

 色々な現場でお会いする大泉さん。この1年、ゼロベースからたくさん執筆する機会を得たそうで、総まとめなLTをしてくださいました。

大泉さんは、自社のオウンドメディア「STORES」の編集長やFacebook中の人をやりつつ、アドベントカレンダーで異なるテーマで5日連続完走(大変だったらしい…自分を追い込むのも一定重要)、その大変さを書き綴りたくはじめた個人ブログ、そして技術書典で出す本の執筆など……そのアクティブさに負けない多様なアウトプットでした!

久保さん「書くことは爆発だ! だから燃料(ダイナマイト)が必要だ!」

マカフィーの久保さん。仕事なども絡めつつ「こんな執筆したよー」「こんな発表したよー」ということをお話いただきました。イベントでの発表が執筆に結びついているとのこと、登壇と執筆をセットでするのはよさそうですね。反響の大きかった記事だそうです↓

blogs.mcafee.jp

運営など

 この勉強会は、私とサイボウズ風穴さんの2人での運営しています。当日はサイボウズの方(今回はuchanさん)にお手伝いいただいて、お片づけは参加者のみなさんに手伝っていただき本当にありがたい限りです><

 会場まわりを中心に風穴さんにサポートいただきつつ、登壇者アサイン、告知、ケータリング手配、受付、司会などを一人でやっているのですが、ギリギリなんとか回るかなといった感じです。スタッフ増やしたい気もするし、少人数の方が気楽やなとも思うし、悩ましい。

ケータリングは、今回は、私の会社の近くにもお店があるお弁当屋さんの京香にしました。楽天デリバリーから頼むとポイントもつくし、クレカ払いできるからあとは受け取りだけしてもらえばいいし、よかったです。写真撮り忘れたけど唐揚げがうまいんですわーここは。

酒は毎回カクヤスで頼んでいて、私の頼むポイントは以下の通り。

  • 新商品を入れる
  • 少量多品種
  • ソフトドリンク多目(スピーカーの方向けにステージドリンクとして、黒烏龍茶、トマトジュースなど健康そうなものも)

それで実際に頼んだのはこんなラインナップです!

今回は人数に対する飲み物の数を吟味しておらず、アルコールが少し(8缶くらい)余ってしまったソフトドリンクは全てはけました! よなよなエールの写真アップしてる人がいたので、チョイスしてよかったなあと思います。食べ物はちょうどよかった気がするけど、飾りで葉っぱが入ってて、その処理が少し大変だったかなできれば綺麗に片付くケータリングにしたきった。葉っぱいらないって言えば抜いてもらえるかしら。

収支でいうと若干赤字でしたが、今までのプール金を使いたかったので問題なしです。会計、みんなどうしてるんでしょう?

さいごに

改めて、ご登壇者のみなさん、来場者のみなさん、サイボウズ風穴さん、インターネットで応援してくださったみなさん、ありがとうございましたー!

今回の発表で思うのは、書き続けるにはやっぱり書き続けないといけない…その中でも仕組み化する、周りを巻き込む、テンプレ化する、自分ルールを作る、支援する技術をつくる、内なる楽しみを見出すなど……苦しんだ経験のある人ならではの知見が語られました。

本報告ブログも、勉強会開催からすっかり間が空いてしまったのですが、特に今回のレポートはOutput or Dieの気持ちで書きました…これを機に自分を変えたい。

Tech Pubとしては、年明けに「アドベントカレンダーふりかえりLT大会」やろっかなーって思ってるんだけどどうだろうか。無理せずマイペースでやっていきたいと思います!

 

月額約5000円のヘルスケアアプリ「Noom」を始めてみた。あと5kg絶対に痩せてやんよって話

最近いろんな人から「痩せたねー」「(顔が or 全体的に)小さくなった」といわれる私です。実際去年からすごーく痩せたのはあるのですが、まだまだ20歳の頃の体重までは遠い道のり。小学生の頃からお腹が出てるし。。。

ちょっと最近悔しいできごとがあり、何とかしてこの気持ちをプラスのモチベーションに昇華できないかな〜と思っていたところ、「いつかあと5kgぐらい痩せたいな〜」ってゆるい願望が、絶対に減量してやるという決意に変化するに至りました。

そんなこと考えてたら、Facebookの広告で聞き慣れないアプリがサジェストされまして。

Noom: Stop dieting. Get life-long results.

「人生最後のダイエット」「78%のユーザーがリバウンドなし」とうたうNY発のスタートアップ「Noom(ヌーム)」。LPの「診断する」からするすると自分のことを答えていると、ためらうことなく月額5000円程度のサービスの無料トライアルに申し込んでいました。Facebookさん、いい広告の出し方しましたね。

ちなみに上で紹介してるリンクはアフィリエイトでも紹介コードがあるわけでも何でもないのですが、普段は貧乏くさい私のあまりに自分の行動の即決さに驚いたもので、よかったら見てみてください。

ちょっと調べてみると、結構昔から(少なくとも2014年くらいから)あるサービスみたいですね。全然知らんかった。

主な機能は、食事記録や体重記録、歩数や運動の記録など。ほかのアプリとして、あすけん、FiNCと使用している私にはそこまで機能的な違いは見受けられなかったけど、一番の大きな違いはAIではなく実際の人間がチャットでコーチングしてくれるところ。

以下のログミーを見ると1人のコーチが200人くらいのユーザーを担当してるみたいですね。

忙しい社会人のダイエットをサポートするNoomのパーソナルコーチ - ログミー

10月末まで無料会員で、その後月額約5000円が発生する。私に設定された目標期間は年内。つまり2か月で5kg落とせというわけだ。これを過ぎたらさらに5000円かかるからなー。。。ちなみに目標を達成したら体重維持モードということで無料会員に戻せるらしい。

ちょっとブログで報告できてないのですが、今年は顎変形症の手術を受けたこともあり、今年は最初から「今年はメンテナンスモードの1年だ」って割り切ってました。

ということで私、こんなにやったんよー! 見てくれ!

  • (昨年末)胃の内視鏡検査受けた
  • ジム変えた
  • ピロリ菌を除菌した
  • Dr.ストレッチ通った
  • 解剖生理学や筋肉の勉強した
  • 顎変形症の手術受けた
  • BODY CHANGEというジムのパーソナルトレーニングのプログラムに通った(2か月間、16セッション)
  • ダンスとバレエ始めた
  • ↑をやる時間がなくなったなめ、さらに効果的な手法だと判断し筋トレ始めた
  • 髪にインナーカラー入れた(お気に入りの美容師さんができた)
  • メガネ変えた(from: 赤メガネ to:丸メガネ)
  • ヘルスケアアプリのあすけん、FiNC、Noomを使い始めた
  • FiNCの遺伝子検査やった(タンパク質リスクタイプ:筋肉がつきにくい と出た)
  • 食生活、筋トレの知識を書籍でアップデートした

その結果、痩せた。昨年から-8kg。 あと5kg、絶対に痩せてやるんや…!

また報告させていただきます!

編集者は発信のパーソナルトレーナーである 〜「りっすん」に寄稿して思ったこと

今週は会社が夏休み! 今回は比較的予定を入れていないので、時間がある日はプールで泳いだり、トレーニングしたり、英語の勉強をしたり、音楽の練習をしたりしながら過ごしています。何の修行をしているんだ感ある。

さて本日、はてなさんが関わっている、アイデムさんのオウンドメディア「りっすん」に寄稿した記事が公開されました!

www.e-aidem.com

依頼をいただいた際には、正直「炎上したらやだな〜」「逆に全然読まれなかったら超申し訳ないな〜」という不安があったのですが、公開から数時間でブックマークが100超して、おかげさまでホットエントリーにも乗りました(はてなのプラットフォームの底力を感じました)。そしてたくさんのフィードバックをいただき、なんどもTwitterはてブを訪問してはコメントを確認していますw

読んでくださったみなさま、ありがとうございました!!

寄稿が実現するまで

さて、寄稿の中に書きましたが、今の私の仕事はITエンジニア向けの情報媒体の編集者です。

編集者の仕事は、自分でかつて想像していた以上に自分で書くことが少ない(もちろん書くことが強みの方もいると思いますが)。お仕事でお会いする人にも「普段どんな記事を書くんですか?」とよく聞かれるんですが、編集者は自分で執筆する記者と違って、いろんな手段を使ってコンテンツを作る。商業ライターを使ってもよし、現場のエンジニアさんに書いてもらってもよし、自分で書いてもよし。イベントやポッドキャストという手段もあります。

いろいろやれる編集の仕事は面白い一方、書くことは怠けようと思えばいくらでも怠けてしまい、「あんなにWebに文章を書くことが好きだったのになぁ」と遠い目をしてしまうのです。

そんな私ですが、やっぱり文章が書ける人になりたいなあという思いがあった矢先に、はてなさんより今回の寄稿のご相談をいただきました。他媒体に寄稿したり、頼まれて文章を書いたりする経験を元からしたかったので、渡りに船だという思いでした。

ただ、気になっていたことが一つ。

ブコメでもコメントいただいたのですが、顔やメガネが丸くなっていること。これ顔についてはまじで骨格レベルから丸くなっていて、今年の5月に全身麻酔の手術をして、顎変形症という顎のズレの症状を直したのでした。これ、今はすっかり元気になったものの、術後しばらくは体力も全然なく、体をいたわる、自分を大事にする気持ちしか持てなかったのでした。ちょっと体力がついても、ジムに行くとかそういう発想しかできず。何か読んだ人を明るい気持ちにさせるようなコンテンツって書けるかなぁという気持ちでした。

とはいえ、他社の編集者さんと仕事することへの興味の気持ちのほうが増しまして、会社に許可をもらい、寄稿を進めることになったのでした。

発信のクオリティを上げるために伴走してくれるありがたさ

さて、引き受けるからにはちゃんと納期を守ろうと心に決めた私。記事案は前倒しで出すことができたものの、実際の記事の初稿と再稿は着手がかなりギリギリになってしまい「すみません。。。あと1日待ってください。。。」という始末。。大学院生のときのゼミ発表の資料を作ったときのことを思い出しました。自分の担当している記事の著者さんも、たまに深夜2時などすごい時間に送ってくださることがあるのですが、書くことって大変だなあと改めて思いました。

初稿は、ヨレヨレでひねり出したような雑多な内容で、自分でも納得の言ってないものでした。初稿に対してはてなの編集の方にフィードバックをいただき、他の人の記事を読んだり、自分の今までの文章を読み返したり、少し横になりながら頭のなかでぐるぐる考えたりしながら、「ん…?これは行けそうだぞ」とバラバラなものがつながる感覚を覚えながら書いたのが、いま公開されている記事です。

苦しみながら、何とか人前に出しても恥ずかしくない、自分でも納得のいく記事にすることができたのですが、この体験、何かに似てると思ったんです。それは、ジムのパーソナルトレーニング

よく、筋トレ初心者はパーソナルつけた方がいいと言うじゃないですか。私も、入院による体力減少を何とかするため(そして痩せたいため)にジムのトレーニングプログラムに参加して、パーソナルトレーナーをつけてトレーニングをしています。横で、時間や回数を数えてくれながら「頑張れ頑張れ」「いいフォームです」「あと少し」と言ってくれるとしんどくても追い込めるんですね。

今回の寄稿に関しても、編集者の方にスケジュールを切って、フィードバックをいただき、伴走してくれることで、自分の表現に対して追い込むことができました。たまに「編集者の仕事って必要なのかな…」と悩ましく思うこともあるのですが、どんな行動を取れば編集者としてよりよくなれるのか、自分の仕事を内省するとても良い機会になりました。

また、記事を確認いただいたアイデムさんからも、「身近にいそうで、でもとてつもないバイタリティと向上心にあふれた」という、自分がこうありたいと思うようなポジティブなフィードバックをいただいて超嬉しかったのです。

私も、PR記事などのクライアントワークを担当することがよくあるのですが、りっすんは自由に書かせていただいて、嬉しいフィードバックもいただけて、よい経験になりました。business.hatenastaff.com

私自身、この寄稿の経験により変わったところが。このブログ、何気に更新頻度が増えています。ちょっとずつでいいので、自分の世界としての書く機会を増やし、仕事にも還元していきたいと思っています。

サイト制作を手伝ってくれた友人のこと

最後に、りっすん寄稿記事の末尾で紹介している友人のこと。初稿を書く際に、『仕事文脈』というリトルプレスの創刊号に書いた、昔の文章を読みかえしていました(自分で言うのもなんだけど勢いがあって面白いw)。

仕事文脈 vol.1

仕事文脈 vol.1

 

 「就活をハックしている感じ、最高にクールだ」という言葉も、その文章を読み返して思い出したものです。その友人は数年前に亡くなった方で、最期のツイート日も8月15日でした。彼には、今の会社に入ってから会えてなかったけど「きっと就職したことを伝えたら喜んでくれるだろう」と思ったり、彼に執筆してもらう記事の企画を考えたりしていたところ、訃報を聞いたのでした。私は仕事をしていてときおり思い出す。彼がクールだと言ってくれる仕事の仕方ができているだろうか。彼がクールだと思う人生が送れているだろうか。友人にこの記事が届きますように。

写真写りを良くするために笑い方を習った話

最近、学びのCtoCプラットフォームであるところのストアカで、面白い講座を探すのが楽しいです。

ストアカ | まなびのマーケット 国内最大級スキルシェア

今までは、単発で受けられるレッスンが無いかな〜と想って歌やピアノのレッスンを受けたことがあるのですが、なかなかよい体験を得られました。音楽のレッスンって継続が前提で、ハードルが高く感じていたのですが、単発でも満足度が高いし、その後も継続的に習ってる先生もいます。

レッスンとして分かりやすいものの他にも「こういうこと教えてくれる先生がいるんだ!」って講座があったりして、悩みを手っ取り早く解決してくれる手段として頼もしかったりする。そんなレッスンを先日受けてきました。

 

笑顔の作り方を学ぶ

私は外科手術併用の歯列矯正をずっとやっているのですが、今年の5月に手術をして、骨を切り、噛み合わせを治すことになりました。噛み合わせの悪さや顎のズレは解消され、顔も小顔になり、たいへん満足。しかし、いざ写真を撮られてみると不自然な笑顔で、いまだに歯を出して笑おうという気になれませんでした。

新たな骨格で、顔の筋肉も鍛え直しということもあり、笑顔の作り方について学べる講座ってないかな〜と探してみることに。

ストアカで「笑顔」というキーワードで検索すると、いくつか笑顔に関するレッスンが見つかりました。今回は、単に笑顔の写真を撮ってもらいたいのではなく、自分で継続的に笑顔が作れそうなのと、気軽に受講できそうということで、受講したのは山内三咲さんの「スマイルフォトレッスン」。

★スマイルフォトレッスン◡̈♥︎100人チャレンジ!★

当日はカフェでお話ししながら、普段の写真写りと、レッスンで教えてもらった笑い方で撮ってもらった写真を比較します。

↓の、一番左は、レッスンで撮ったものじゃないけど当日の朝に撮った自撮り(寝不足だっなので、いかに眠たい顔かを撮りたかった)、真ん中と右はレッスンで撮った写真です。


f:id:kondoyuko:20180809004912p:image

f:id:kondoyuko:20180809004820j:image

f:id:kondoyuko:20180809004823j:image

笑顔で写真に写るにはどうしたらいいかというと、要は自分が思ってるよりもめっちゃ笑うということなんですが、そのための気持ちの持ち方とか、あとは美しく写るための姿勢などを教えてもらえます。

私が受けてよかったなぁと思うのは、自分の笑った顔に対して「こっちの方がいいね」と客観的に肯定してくれること。めっちゃ笑顔の顔って、自分では見慣れないので「下品なんじゃないか」「目が小さく見えるんじゃないか」とか色々思って自信がなくなってしまうこともあるんですね。でも友達と写った写真を思い返すと、周りの友達がめっちゃ笑ってるなか私だけおすまし。

もっとかわいく写るにはトレーニングが必要だけど、ひとまず現状の私が素敵に写るベースとして、めっちゃ笑うことに肯定的になることができたのが良かったです。

別の機会に、Maker Faireで友達に撮ってもらった写真。矯正のゴムも見えてるしら元の顔も良くないしなのですが…なんかかわいく撮れてる気がする! 写真写りが良くなった件については友達も同意してくれました。

f:id:kondoyuko:20180809124918j:image

↓先生の山内さんは右側の人。笑顔がめっちゃ素敵で、おしゃべりしてて楽しかったです!

f:id:kondoyuko:20180808230951j:image

最近の私のテーマは自己受容。最後少し時間が余ったので、その話題で山内さんとも盛り上がりました。ありのままの自分を認めて、そこからさらにどう良くなっていくかを考えていくと、楽しく成長していけそうだなぁと試行錯誤してるところです。