デブサミ2021を開催しました:個人的ふりかえり #devsumi

先日18日、19日は開発者向けのカンファレンス「Developers Summit 2021(デブサミ2021)」を開催しました。私はオーガナイザーの立場で企画の取りまとめをしていました。昨年のふりかえりエントリはこちら。

kondoyuko.hatenablog.com

続きを読む

沈没ハウスから進捗ハウスに引っ越します

今の会社に入社してから7年弱、沈没ハウス*1というシェアハウスに住んでいたのですが、そこから引っ越して「進捗ハウス」と名付けた家に引っ越します。昨日に鍵を受け取ったばかりで、私が引っ越すのは2週間後の予定です。

続きを読む

2021年の目標100

新年あけましておめでとうございます。

昨年はnoteを連続投稿するチャレンジをしましたが、今年はもう少しはてなブログを更新したいと思っています。その気合いとして、はてなブログのテーマを変えてみました。以前使っていたはてなブログのテーマとそこまで見た目は変わらないのですが、もとのテーマはモバイルから見たときの文字サイズが小さかったので。それにしても、noteとはてなブログを両方運用している人も多いと思うのですが、みなさん使い分けをどうしているんでしょうね。

2020年までは「やりたいこと100」を公開していました。やりたいこと100は、1年間のうちに実現が可能な範囲のことで、やりたいと思っていたことを粒度もバラバラに出していたものです。しかし2020年の1年間で、「人生のうちにできるだけ多くの体験をする」ことが、必ずしも私が目指すべき方向性なのかが分からなくなってしまいました。特にお出かけや人に会うこと、イベントを主催することなど、これまで自分が強みを持っていて伸ばしていきたいことが、新型コロナで難しくなってしまいました。

一方、実現したいことを言語化することの強力さも同時に実感しています。2020年に、仕事で悩みを抱えてビジネス書を読みまくった際に「心から達成したいと感じる目標を掲げ、そこに自分を向かわせていくこと」の大事さを複数の本が共通して言っていることに気づきました。自分の実感値としても、「強く目標設定する」「それをアウトプットする」「自分はそれができると信じる」ことで成し遂げてきたことが多いように思います(ここで挙げていた目標とか)。

ここでは、2021年やその後のために実現したい目標について、メインとして挙げるもの3個ないし10個、そしてそれらの実現のために必要なことや習慣、備忘録的なものについて残りの数を挙げてみたいと思います。それで毎月ふりかえって、定着したものは削除して入れ替えていくイメージですね。意外と100個挙げていることがインパクトあるみたいで、毎年楽しみにしてくださっている声を聞くんですよね。やってみると大変でしたが、その過程も学びがありました。

続きを読む

「2020年の目標と使命」の答え合わせ

2020年も残りわずかですね。2020年は、2月下旬に気合いのいる登壇の予定があったので、そのための作業もゆっくりできればいいなと、1人で静岡に旅行に行ったことから始まりました。そのときに「内省旅行」なんてコンセプトを打ち立てて、旅行中は「できるだけ多くの体験をしよう」という発想になりがちなところを、自分を心地よくさせてくれるものに囲まれて、しっかりと自分に向き合うようにしようとしました。その結果、旅行中や旅行後にいくつかのエントリも生まれました。

kondoyuko.hatenablog.com

今年は、1年を通じてそういう年だったように思います。

そんな1年の終わりとして、2020年のはじめに書いた「2020年の目標と使命」というエントリの答え合わせをしながら、他にも印象に残ることを加えつつ振り返りとしたいと思います。

kondoyuko.hatenablog.com

続きを読む

踊る編集者が編集長へとなったわけ

「なんで近藤さんはエンジニアじゃないのに勉強会に参加してるんですか?」

昨年のこと、吉祥寺.pmというPerlコミュニティを中心としたなんでもありの勉強会のあとの懇親会で、とあるエンジニアさんが、私にこんな質問を投げかけました。

ITエンジニア向けのWebメディアの編集者である私は、ITコミュニティには、仕事に役立つ知見やつながりを得るため半分、純粋に楽しいから半分で出入りしていました。自分が話せそうなネタがあれば登壇することもあり、周りからのフィードバックも上々で嬉しかった記憶から「……目立ちたいから?」なんて返答をした覚えがあります。

kondoyuko.hatenablog.com

今の会社で、「CodeZine」というWebメディアの編集の仕事をするようになって、もう7年目になります。当初は「いつかは転職するのかもしれないなぁ」なんてうっすらと思っていたけれど、どんどん新しいミッションが降ってきて、なかなか飽きる気配がありません。

そんな私でも、会社員になってしばらくは、すっかり丸くなってしまったとことに悩んでいた時期があります。

そこから、自分のなかで行動を起こし「Developers Summitデブサミ)」という3000人以上のITエンジニアが集まるイベントのオーガナイザーをやらせてもらえるようになるまでのことは、2018年夏に「りっすん」に寄稿させてもらいました。

www.e-aidem.com

当時も、「5分でも10分でもいいから、登壇の機会を増やそう」と、勉強会での登壇の機会を持ったり、自分で勉強会を運営したりといったことが、大きな新しい仕事をやっていくうえで、自分を認めてもらうことにつながったと感じています。

今回のエントリは、さらにその、先のお話。

本エントリは、はてなさんより「はてなブログ タグキャンペーンに参画しませんか?」とお誘いいただき、ご依頼を受けて書いたものです。謝礼は受け取っていませんが、自由に書かせていただきアウトプットを振り返るよい機会となりました。ありがとうございました!

続きを読む