ノベルティカンファレンスで登壇&初めてグラレコもどきしてきた #novecon

ノベルティカンファレンスという、だいたい東京で年1(+α)くらいの頻度でやっている「ノベルティ」をテーマにした勉強会に参加してきました。参加は2回目です。

何気なく参加ボタンを押していたのですが、青木ゆかりんさんより「登壇しませんか?」とお誘いいただいたので登壇することにしました。

 イベントページ↓

techplay.jp

登壇資料↓

www.slideshare.net

(最近16:9のセッション資料が増えてきたのでSpeakerDeckのほうがいいかなあ……でも学生のときからの資料がアーカイブされてるのよね)

そして今回、セッション資料もなんとか事前に作り終えたので、最近ハマっているiPadのお絵かきを活用してそれぞれの登壇内容のメモ(グラレコもどき)をやってみました。描いたものはnoteにまとめました。

note.mu

グラレコ(もどき)やってみた

Apple Pencil使ったらいろいろ捗るかな〜でもすぐ飽きるかなあ」と思ってiPadを買ったものの、使ってみると、自分でも想像以上にアウトプットをエンハンスしてくれるデバイスだなあと驚いています。まだ1週間も経ってないのに絵日記noteにはもう9ポストもしている。

note.mu

こんなふうに勉強会を記録するのは初めてなのですが、もともとTwitter実況が比較的得意なのと、学生のときはノートに講演会記録を異常に書いていたのと、クイックな似顔絵もまあまあできなくもないということで、初めてにしちゃうまくいったかなあと思います。

描いてるときはほとんど画面に集中していて、あんまりスライドや人の表情を見る感じではないのだよなあ。テキストでのTwitterの投稿や、写真撮影もできなかったな。すごーく集中して心地よく疲れました。。みんな嬉しがってくれたり褒めてくれたりしてよかったです!

発表を終えて

発表は、人生のなかで一番うまくできたと思う。ネタがライトだというのもあるけど。

最初のつかみとして、オーディエンスのノリが良ければ、自己紹介のパートで聴衆に\ゆうこりーん/と呼ばせる芸をやるのがマイブームなのですが、ちゃんとやってくれてよかったです(呼ばれ方を、近藤さん→kondoyukoさん、ゆうこさん、ゆうこりんにシフトしていきたいのと、来場者に声を出してもらって反応を良くするというのが目的です)

もう全然緊張しなくなってきたのと、声の出し方も高めのトーンで良い声を出すことができ、比較的前を向いて登壇するように心がけました。しいて言えばもっとウケを狙いたかったなあ。

たなはるさんが私のセッションをグラレコしてくれたみたいなので楽しみ。

(1/18追記:アップいただきましたー!)

おわりに

ノベルティカンファレンスでは、久しぶりの方、はじめましての方、たくさんの方とお話できてよかったです! グラレコもどきとセッションに対してたくさんのポジティブなフィードバックをもらって自己肯定感↑↑↑

主催のみなさま、よい機会をありがとうございました! 聞いてくださったみなさまもまたどこかでお会いしましょう! エンジニア向けにアプローチしたい悩みなどあればSNSなどでぜひコンタクトください〜