kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

「楽しい!」と噂の #忘年会議 と合同勉強会 in 大都会岡山 #gbdaitokai に参加してきた

今年の9月末、デブサミ関西で西への出張があったのと帰省もしたいなーと思ったので(岡山生まれなのです)、岡山城でテックカンファレンスをするという催しに行ってきたのですが、そこでお会いした多くの岡山の方に「楽しいよ!」と聞いた忘年会議(とその日にあった合同勉強会 in 大都会岡山)参加してきました!

それまでも岡山のエンジニアは若干のつながりがあったので、「忘年会議」という名前自体はなんとなく聞いたことはあったのですが、「すぐ埋まっちゃうから見つけたらすぐに申し込んで!」と言われていて、そんな争奪戦なイベントに「私なんか申し込んじゃっていいのかなあ」と思いながら勢いで申し込んでしまいました。ついで(?)にその日の朝からやっている合同勉強会 in 大都会岡山もよくわからないながら参加登録。

gbdaitokai.connpass.com

bonenkaigi.connpass.com

運営の角田(@razon)さんのブログ。冒頭で私のTweetを使っていただいてありがたい。

inet-engineer.hatenablog.com

合同勉強会 in 大都会岡山

 合同会議の何が合同なのかというと、

合同勉強会in大都会岡山は、岡山県近辺のIT勉強会コミュニティによる、合同勉強会です。

とのことです。

合同勉強会の会場は岡山県立大学。何気に初めて県大に行ったのでした。そもそも総社にあることすら知らなかった。お昼はどうするんだろうなーと思って岡山駅にいる段階でTwitterで調べたところ、お昼は持っていくべきだと感じたので駅でお弁当を買っていきました。県大の最寄り駅前には何もなかった。

勉強会は10時から18時前くらいまで、だいたい20分間のセッションを2コマ続けて15分間の休憩を挟むといった感じです。セッションは岡山県内から7本、県外から7本で、イベントの後半には6本のLTタイムもありました。

セッション内容は、フロントエンド、1on1、会社紹介などなどなんでもあり。長丁場だったけど1日でいろいろ聞けたし休憩も適切でした。いろいろ技術でやってみたいことが増えた。mako@mako_wis)さんの真似して無駄にサイトをSPAでつくってFirebaseに載せてみたりとかしたい。

あとはおやつタイムだったり。

 アクティブ体操だったり。

アクティブ体操、もっと恥ずかしい動きをさせられる変な体操かと思っていたのですが、地元企業の健康増進のために開発された体操なんですね。健康オタクの私もなっとくの動きです。ご安全に!

www.youtube.com

忘年会議 

忘年会議の会場は、奉還町にあるRyoteiという店の「座・スタジアム」とお部屋です。ここがですね・・・

f:id:kondoyuko:20181229230420p:plain

こんな感じで超でかいスクリーンに、スタジアムのような座席の会場なんです。すごく空間の使い方がリッチだ・・・

詳しい紹介記事は以下をご覧ください。

これで食べ放題飲み放題、3時間貸しきって4000円で過ごせちゃうという・・・

忘年会議では以下のような催しが展開されていました。

  • オープンセミナー岡山などの日程決め
  • ベストスピーカーの発表
  • 怒涛のLT(あらかじめ予定している8本+飛び入りでバンバンと)

LTは缶詰のPRあり、ゲームやコミケの話あり、謝罪ありとなんでもありでした。

参加者はその間、飲み食いするもよし、人としゃべるもよし、LT聞くもよし。なんとまあ自由な空間でした。私はひさしぶりに会う岡山のエンジニアの方としゃべったり、はじめましての岡山や広島のエンジニアさんとしゃべったり、岡山出身で今は東京にいる方としゃべったりしていました。「わたし岡山出身で~」というと、なじめる、つながれる感じがあってよかったです。ちなみに広島の方とお話してると、広島は想像以上に東西で心理的距離があるのだなあと感じました。

心細さを超えて

合同勉強会も忘年会議も、参加する前はアウェーでしゃべる人いなかったらどうしようと心細い気持ちもあり、心のそこから楽しみだったとは言えなかったのですが、今はスケジュールが許すかぎりまた来たいなあという気持ちです。

忘年会議で印象に残っているのは、ゆかりん@yukarin2016)さんとお話したこと。

開催中に法林(@hourin)さんからTwitterで話しかけてもらって、(私も登壇予定の)「1月のノベルティカンファレンスでは岡山から発表者がやってきます」と聞いていました。忘年会議でもしかしてこの方かな?と思った方(ゆかりんさん)に「ノベルティカンファレンスに登壇されますよね? 私も登壇するんです!」と話しかけてみました。

ノベルティカンファレンスはこれな。きてね。

techplay.jp

そこでゆかりんさんは「忘年会議、女性も少ないし、心細いですよね。私も東京でアウェーななか登壇するの寂しかったので一人でも知り合いが増えてよかったです」みたいな感じのことをお話してくださって、お話して心底よかったなあと思いました。

ゆかりんさんは、私の目には岡山のコミュニティのなかでいきいきと楽しそうに動いていらっしゃるように映ったので、そんなゆかりんさん(しかもIT社長)でもそんなふうに思うのだと。そして私もたまに「人見知りしないですよね」と言われるのですが、「そんなことないわーーー!!がんばって克服しとるんじゃーーーーー!!!」という思いでいたりするので(まあ、人見知りしない人だと見られるということはいいことなんですが)、私の心細い気持ちに寄り添っていただけたように思えてよかったなあと感じたのです。

ちょっと近づきがたいけど魅力的な人たちが集まるコミュニティのまわりをぐるぐる回って、ちょっとずつちょっとずつ仲良くなり近づいていく。昔は京大の吉田寮界隈のコミュニティに対してそのように振る舞っていたけど、今はエンジニアのコミュニティに対して自分がそうしていっている感じがある。

合同勉強会と忘年会議は、どんどん疎遠になりゆく岡山に自分の居場所がまた一つできたようなそんなような気持ちになると同時に、自分のエンジニアコミュニティへの関わり方をふりかえるいい機会となったイベントなのでした。

次は、忘年会議か合同勉強会かのどちらかでLTネタ持っていきたい!

また大都会で会いましょう。