kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

Kindle Unlimitedで最近読んだ本

最近Kindle Unlimitedでちょこちょこ本を読んだ。ちなみにKindle Unlimitedには毎月課金しているものの、読んでるときと読んでないときとある。しかし平均すると980円のもとはしっかり取れているかしらと。今週読んだ何冊かを紹介しよう。

片づけられない女のための こんどこそ! 片づける技術www.amazon.co.jp 500円(2020年07月03日 01:01時点 詳しくはこちら) Amazon.co.jpで購入する

今週の前半、ストレスをいかにして解放し、癒やすかということを考えていた。楽しい買い物をしたり、ジャンクな食べ物を食べたりするということも考えたけど、なんかそういう気にもならない。むしろ、断舎離したり、メルカリで物を売ったりすると気持ちいいような気がした。そこで片付けのモチベーションを持とうということでこの本を読んだ。著者の片付けのプロセスが漫画で描かれていて、かなり散らかっているところからでもこうすると片付けられる、掃除ができるいうプロセスが、実体験に基づいて紹介されていた。

漫画家と異星人 漫画家が婚活で数学者と出会った話(1)www.amazon.co.jp 847円(2020年07月03日 01:14時点 詳しくはこちら) Amazon.co.jpで購入する

Twitterでたまたま見て、面白いなぁと思って読んだ漫画家さんの単行本を読んだ。漫画家である作者と、数学の研究者というお相手さんとの婚活についてのお話。Twitterの漫画のほうで面白くて一気に読んで、相手の男性の不思議なところ、面白いところをポジティブに描いているのが素敵だなぁと思って見ていた。単行本の方は、追加の挿絵やおまけエピソード、あとがきなどがある。

事実婚歴20年の〈結婚・離婚カウンセラー行政書士〉が語る「事実婚」のホントのことがわかる本www.amazon.co.jp 930円(2020年07月03日 01:19時点 詳しくはこちら) Amazon.co.jpで購入する

事実婚について、インターネットでの浅い知識があったものの、少しまとまった知識がほしいと思って読み始めた本。戸籍制度の実態や、現制度を受け入れることでの周囲からの見え方の問題、嫡出子・非嫡出子の差別の問題、相続税についてなどの具体的な情報のインプットになった。当事者である著者の事例のほか、さまざまな事実婚夫婦、事実婚経験からの離婚者や、未婚の方も交えた座談会、著者のパートナーの手記などもあり、さまざまな視点からの意見が読めて、事実婚について立体的に理解できた。