kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

人の配偶者に対してどのように呼べばいいか

私には長年の疑問がある。それは「人の配偶者に対してどのように呼べばいいか」ということだ。

自分の配偶者であれば、女性の側からは「夫、旦那、主人」などが挙げられるだろうし、男性の側からは「妻、奥さん、嫁」などがあるだろう。このうち、「夫」「妻」以外の言葉については、男性が「家族における代表的な人物であり上に立つもの」、女性が「家の中にいて奥にいるもの」というニュアンスを拭えない。しかし、男女ともに対等なニュアンスの言葉を用いたいとしたら「夫」「妻」を使えばいい。

しかし、これが人のパートナーであると途端に言葉が難しい。例えば

「○○ちゃんの(男性の配偶者)さん、最近元気してる〜?」

と呼いう呼び掛けや、

「△△さんの(女性の配偶者)さんが転職したんだって」

という用例が考えられるが、その際、私には「旦那さん」「奥さん」にまさる自然な言葉が思いつかない。そして毎度モニョモニョしながら「○○さんの旦那さん」「△△さんの奥さん」という表現を用いていた。世間のジェンダー的価値観がどんどんアップデートしていくのに、これだけ一般的に使われている言葉がアップデートされないのはなかなかに困る。

さらに、自分が結婚したとして、配偶者は私のことを「奥さん」などと呼ばないにしても、世間から私のことについて「○○さんの奥さん」と呼ばれることを想像したら、結構嫌だなと思った。相手に悪気がないにしても。

そこで私はこんな投稿をした。

このTweetに対して、いくつかの「フラットな配偶者に対する呼称」についての意見やアイデアが寄せられたので、紹介していこう。

自分の配偶者に対する呼び方

ツレ

たまに使っている方を見る表現。男性が女性に対して使っている印象だったが、漫画『ツレがうつになりまして。』においてはツレは夫を指しているので、男女ともに汎用性がある呼び方だろう。

相方

個人的にはツレよりも女性が使いやすい言葉のように思った。漫才コンビ的な印象もありつつ、仲の良さ、おせんべいの片割れ的な印象もある。

家族

文脈によっては、必ずしも配偶者を指す必要がないときもあるだろう。あらたまった場所でも使いやすい表現だ。

人の配偶者に対する呼び方

パートナーさん

これは私が現時点で一番使いやすいと感じている呼び方だ。しかし、暗に「法律婚をしている夫婦」以外を指すような印象を、人によっては感じることが若干悩ましい。

お連れ合い(さま)

「ツレ」を、人の配偶者に対して使うときはこのような表現になるようだ。私だとなかなかとっさに出てこなそうだが、うまく使いこなせると上品で配慮もされた言葉である。

ご家族

必ずしも配偶者であることを明示しなくてもいい文脈では使いやすそうな表現。

伴侶さん

伴侶はもともと「夫に従う妻」が語源だが、男女ともに使って違和感ない言葉であるがゆえ、このような呼び方も趣があっておもしろそうだ。

夫さん、妻さん

あるときTwitterで、友人が「夫さん」とさり気なく書いているのを見て「この人はできる」と思った。ドラマでも使われた実績のある表現だそうだ。私も「夫さん/妻さん」をさらっと使えるようになりたいが、まだ使うことに躊躇してしまう。はやく気にせず使えるようになりたい。

ということで、「人の配偶者に対してどのように呼べばいいか」という疑問に対して、私の結論は以下の通りだ。

・言われた側が特に気にしなさそうであれば「パートナーさん」
・必ずしも配偶者に限定しなくてもよいなら「ご家族」
・ちょっと頑張って「お連れ合いさま」
・「夫さん」「妻さん」を使えるように練習していく

なんだかんだで、「旦那さん」「奥さん」の表現を使ってしまう気もするのであるが、自分がされて嫌なことを人にするのも気になるので、こだわりポイントかもしれない、と思った。