kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

ODC2020 #opendevcon に登壇しました

先週土曜日は、Open Developers Conference 2020 Onlineに一枠もらって登壇しました。

event.ospn.jp

私のセッションは「コロナ禍で開発者向けイベント/講座はいかにオンライン化したか?」というテーマです。

event.ospn.jp

speakerdeck.com

ODCはZoomとYouTube Liveを活用していましたが、私のお知り合いも両方から見ていらっしゃいました。チャットでリアクションいただけるのも、Tweetいただけるのも両方嬉しかったです。

今回、「45分長いな~尺余っちゃうよな~」と思いながら作ったスライドが54枚で、先日20分セッションのために用意したスライドが47枚だったことを考えるとちょっと少なめに感じたのですが、のんびり話をしはじめると最後のほうが割と尺がギリギリになってきました。45分間あっという間でした。気持ちよくしゃべっていると、うっかり資料の画面共有をしそこねてたという失態。。。

むしろいつもスライドを作りすぎというか……自分のお話することが「みんなの役に立つだろうか」と不安になって盛り込み過ぎてしまうのかもしれません。物量で圧倒させるだけじゃなくて、もう少し言いたいことを絞ったり厳選したりして、相手を動かすといった真の意味で伝わるプレゼンをしていきたいなと思いました。そしたら少し余裕をもたせた進行にすることで、インタラクティブな感じにもできますしね。

それにしても、45分が余裕でしゃべれるようになってきていて驚きです。私、3~4年前に参加した「リーダー塾」というコミュニティで、自分が成し遂げたい目標について掲げたものが「3年以内に1時間の単独講演をやる」というものでして、それは2016年12月のことでした。それを立てた3年以内には、1時間ではないけれど、カンファレンスの公募に当選して25分ほど枠をいただけることになりましたし、4年以内には、これまた1時間ではないけど45分間、1人でしゃべり続けることができたなと思います。あともっと小さい規模でいうと、1時間くらい尺をもらって人前でセミナーやったりしゃべり続けたりしたので、宣言すると叶っていくもんだなと思います。

今はその目標に対しては特にこだわりはありません。人生で成し遂げたいことはなんなんだろなと思いつつ、ここ1年、そして3年くらいでやっていきたいことをしっかりと宣言していきたいと思います。