kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

Fire HD8タブレットのKindle読み上げ機能で積読を溶かす

最近、読書はもっぱらKindleです。Kindleの魅力については過去のブログで書きました。

読書嫌いだった私が最近感じる読書の可能性について - kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ 本記事は「書き手と編み手の Advent Calendar 2019」の21日目です。 adventar.org 自分が登 kondoyuko.hatenablog.com  

このブログでも書きましたが、昨年はオーディオブックを聞くことにハマっていました。audiobook社の聞き放題プランを契約して気になる本を聞いていたのですが、だんだん本のラインナップが物足りなくなり、サブスクを辞めてしまいました。有名な本は聞き放題プラン外のものが多く、ちょっと高いですし……。

最近、勝間和代さんのYouTubeを見ていて、勝間さんがKindleの読み上げを活用していることがわかりました。

最初はiOSの読み上げ機能を使って読み上げさせていましたが、きちんと手順を踏んでいるのに体感的には3割くらいの確率でしかiOSの読み上げが起動しません。そこで、Amazonのタブレット、Fire HD 8をメルカリでポチりました。多少の売上と、ちょうど10月末までのポイントがあったからです。

Fireタブレットの読み上げは、さすが本家ということで読み上げも多少ナチュラルですし、iOSよりもよさそうな雰囲気です。

そこで、積んでいた電子書籍を読ませたり、一度読んだ本で再読をしたいものを読ませたりしてみました。「聞く」というのがハードルが低くていいのと、ながらでも、ザーッと聞いていると安心感にもつながります。

Fire HD 8タブレットは、タブレットの性能としてはイマイチですが、まぁKindle読み上げ専用目的でも十分もとが取れている気がしますし、Echo Showモードというのもあるので、それもちょっと使ってみたい気がします。なお、勝間さんの動画で、Androidの読み上げがかなり自然になったと聞くので、気になっているところです。