kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

在宅ワークの椅子環境、もうすぐ最適解が見えてきたかも……

在宅ワークの椅子環境がなかなか落ち着きません。

先日、レンタルしたバーテブラ03を、5cmくらいの高さのある箱をフットレストに終日使ってみました。すると、アーユル・チェアーで悩まされていたむくみがなかったのです。

悩まされていたむくみについて、「やっぱこいつかー! こいつだったのかー!」という思いはあるのですが、アーユル・チェアーの姿勢改善効果は唯一無二なものを感じています。バーテブラ03も普通にいいものではあるのですが、腰の状態のよさはアーユル・チェアーのほうが秀でている。

座面が低い椅子を求めて

そこで、バーテブラ03の代わりとして、足の裏がしっかり床につき、太もも裏を圧迫しないような座面の低いオフィスチェアがないか調べました。

調べてみたものの、あまり選択肢はないです。例えば以下のブログにまとまっています。

chik-tak.com

コンパクトでインテリアに馴染むものがいい私としては、これを見るなかでは、オカムラのノームか、Lives Entry Chairが気になります。

Lives Entry Chairは色がパステルでかわいいのですが、ノームチェアのほうが、価格、コンパクトさ、見た目の雰囲気でいいかなぁと思っているところです。ノームチェアで残念なところはフローリングを傷つけないウレタンキャスターを選べないことですね……。一応今はチェアマットを敷いているのと、後付で取り替える方法もあるみたいなので、やっぱりノームチェアかなと。

それにしても、低い座面が思い切って選べるのも昇降デスクで天板の高さも変えられるからですよね。これだけでも昇降デスクを買った価値がありました。

だんだん選択肢が絞れてきました。今後の私の方向性としては以下のような感じです。

1. アーユル・チェアーだけを使い続ける

そもそもアーユル・チェアーでむくみが発生するのは長時間座り続けているから。30分~長くても1時間に1回の休憩や、定期的なスタンディングスタイルを取り入れながら、お尻や太もも裏の圧迫を解消していくのが一番理想だとは思います。

しかし、スタンディングスタイルでそんなに作業が続かない(気晴らし程度に10分とか)のと、ミーティングががっつり入ると立ちにくいのもあって、自分のワークスタイルではアーユル・チェアーだけは限界があるかなとも思っています。

2. アーユル・チェアーとノームチェアの2刀流にする

ノームチェアよさそうだなと思いつつ、価格も安価なので、ノームチェアだけに座り続けるのは不安があります。アーユル・チェアーをメインで座りつつ、お尻や脚の痛みを感じたら、適宜立ち上がったり、ノームチェアに座ったりといったスタイルがよさそうに感じています。

3. アーユル・チェアーとバイクチェアの2刀流にする

お知り合いから「机つきエアロバイクを導入して、仕事中に漕ぐと捗るよ」と聞いてから、俄然興味を持ちました。アーユル・チェアーでのむくみに悩まされていたし、眠気覚ましにもなりそうだし、運動にもなりそう。

机つきエアロバイクはいくつか種類があります。例えば以下とか。

しかし、昇降デスクがあるので机部分はいらないのではないか、と考えて、机の下で漕げるエアロバイクを探しました。

それが、FlexiSpot バイクチェア V9Uです。

flexispot.jp

ザ・エアロバイクのような商品を部屋にそのまま置いておくのはインテリア的に気になるのですが、このバイクチェアV9Uはデザインもなかなかよく、ちょうどいいなと思いました。

これと、アーユル・チェアーを併用したいところですが、しばらく在庫切れの様子……。在庫が復活するのを待っているところです。

じゃあどうするか?

いち早くノームチェアとの併用生活を試してみたい反面、バイクチェアも使ってみたいので、しばらくはこのような方向性で行きたいなと思います。

  1. バイクチェアの在庫の復活を待つ(7月くらいまで)
  2. その間のお尻の痛みは、レンタルしているバーテブラ03との併用で凌ぐ
  3. バイクチェアを購入できたらアーユル・チェアーとの併用を試してみる
  4. バイクチェアとの併用だけで問題なければOK
  5. バイクチェアとだけではむくみ&お尻の痛み改善に足りない、もしくはバイクチェアの在庫がなかなか復活しないようであればノームチェアを購入する

ということで、一刻も早くノームチェアをポチりたい気分を抑えつつ、バイクチェアの在庫を気長に待ちたいと思います。

一刻も早くノームチェアを購入したい気分を抑えつつ、バイクチェアの在庫を気長に待ちたい

I'm trying to suppress the urge to buy a norm chair as soon as possible, while waiting patiently for the bike chair to be in stock.