kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

スマホを仕事部屋に置かないってだけでだいぶ集中できる気がします

昨日のエントリで大学生に向けて講演したという話をしました。

その準備があまりにもギリギリだったので「スマホは部屋に置かないぞ!」と思い、仕事部屋とは違うフロア(テラスハウスなので)の、ベッドの脇においておくことにしたら、これが効果てきめんでした。

これまでも、スマホは自室においてある箱の中に入れたりと目に触れないような工夫もしていましたが、そのうち形骸化して、机の上に無造作においたり、そしてしばしば触ってしまったりと、集中力のない日々が続いていました。

ところが、違うフロアに置くようにしただけで、スマホが気にならないようになりました。それでも触ってしまったら負けというか。

どうも私は、頭に浮かんだやるべきことと関係ないことを処理しないと気がすまない性格のようです。それが、スマホが近くにあったらその処理をやってしまうのですが(気になるくらいだったらやってしまおう的な)、スマホが遠くだと関係ないことを思いつくのも少なくなったみたいでした。

「クッ、こんなので……!」って感じですが、しばらく続けようと思います。