10kgやせたら育乳に目覚めた

2018年もあと10日ほど。1年をふりかえるエントリをしたためたくなってくる頃だ。今年をふりかえって最も成果があったと感じるのは、10kgの減量をはじめとした健康に関する取り組みである。10kg減量するまでにどんなことを取り組んだか、どうやって知見を得たか、10kg痩せると何が変わったか、などについては別でエントリを用意したいが、本記事のタイトルを思いついて書かずにはいられなくなったので書いてしまう。

2018年、バ美肉バーチャル美少女受肉)がトレンドだったこの時代、リアル身体に回帰し、自己受容感覚を得たというおはなし。

華奢な少女体型がうらやましかった

育乳、とタイトルに入れているものの、私は胸は平均よりはある方で、小学校高学年くらいからすでにある程度のサイズがあった。これが曲者で、親にスポーツブラを買ってくれだなんて自分から言いにくかった。そのため、体育のときなどは服との摩擦で胸のアトピーが酷くなってしまい血や滲出液がにじむほどだった。この胸のアトピーは10年ほど悩まされた(今はほぼきれいになったものの色素沈着が若干ある)。

今でこそボリュームを抑えるブラジャーが登場し、胸の大きい(分かりやすさを考慮し、「巨乳」とする)人の悩みもカバーされるようになってきたが、胸の小さい(同、「貧乳」とする)人に比べて、悩みを吐露しにくい感じがあった。

巨乳であることのデメリットを挙げると、走ったりすると揺れて不快、胸がつかえてスリムな服が入らない、たまに希望のデザインのブラにサイズがないことがあること、肩が凝る、胸のせいで体脂肪が高い、将来垂れるリスク、などなど。私は幸いにしてあまりなかったけどセクハラを受けやすかったりもするだろう。

加えて、私は単純な見た目の好みでは、少女のような造形を理想としていた。ぱっつん前髪でまっすぐな黒髪ロング、華奢で小柄な体型、少女趣味なワンピース。自分自身がそのような体型になることはとてもなれないと感じてはいたが、うらやましくてしょうがなかった。

5年間のブラトップ生活

大学学部生のころ、当時10年ほどやっていた管楽器演奏をやらなくなり、卒論を書くようになってストレスで体重が増加した。それから大学院浪人、大学院生活を送るに連れて体重は増加の一途をたどった。自分の身長に適正な体重より10kg以上も増加してしまったので、アンダーが大きくなっている現実を直視したくなかったがために、下着を購入することができなかった。

そこで出会ったのはユニクロのブラトップである。窮屈な下着から開放するブラトップは、20世紀前半にコルセットから開放されたファッションを彷彿とさせ、非常に画期的に思えた。5年前に以下のようなツイートをしたほどだ。

ブラトップはとにかく楽だった。特に睡眠時のゆるいホールド感が心地よかった。

爆上がりした下着への投資

そんなこんなで5年ほど愛用したブラトップだったが、私はピーク時より10kg近い減量に成功し、ある時「下着を買ってみようかな?」という思いに至る。下着屋で計測してみると、ブラジャーは太る前のサイズと同じで安堵した。購入した下着をつけて鏡をみると「え?めっちゃかわいくない!!!?」と。それからいくつかの下着を買い足し、昔の下着を​捨て、ブラトップは夜寝るときの専用になった。

そうやって購入した下着は私がいかにも好きそうな、少女趣味だったりふわふわと可愛らしい柄なのだけど、あるとき「サルートを買ってみよう」と思うに至った。

サルートは、ワコールが展開する下着の中でも高級ラインのもので、価格帯はブラジャーだけで1万円くらいする。聞いたことはあったけれど、セクシーで強めなデザインゆえに、自分はこういう感じは好きではなく、自分には関係ないものだと思っていた。しかし、私が尊敬しているストリッパーさん(突然だが私はストリップ劇場に行くのが趣味だ)がサルートを愛用している(正確には愛用していた)こと、そして、胸が一定あることの自分の魅力と、人間としての強さを獲得したいという思いから、サルートを購入した。今までの自分なら絶対選ばなそうな深くて強めなワインレッドだ。

サルートの購入体験はというと実はすごく良かったわけではない。セレクトショップで購入したので、フィッティングに満足したわけでもなかったし、他のラインの下着より若干大きめでぴったりフィットしていたわけではなく「やっぱ自分にはサルート向いてないんじゃないか」と思いながらも、まあここまで来たしまあいいかという思いで買って帰った。最初は「この時が勝負だ」というときを中心に、いつしか(下着のレパートリーが少ないのもあって)日常的にサルートをつけていると「私はサルートをつけているのよ」という気分になってきた。

ブラジャーのベンダーロックイン

私が一番尊敬しているストリッパーさんが、ブラジャーの情報をちょいちょいTwitterに投稿しているのだけど、その中で「ブラデリスというブラがよい」という情報を得た。当時、下着に関するコスト感覚が狂っており、ブラデリスもサルートと同様ブラジャーだけで1万円クラスのものだったが、軽い気持ちでフィッティングの予約をした。

フィッティングでは、まず、つけてきたブラジャーを正しいフィッティング方法で付けてもらったところ、今まで自分の身体に出現したことのない谷間ができたことに衝撃をうけた。そしてブラデリスのブラジャーを試したところ、アンダーが結構きつい。背中やお腹、脇から集めてきた肉をブラジャーの中にしまうことで、周辺の贅肉を胸に形状記憶させるということらしい。今までブラトップで過ごしてきた私は相当に肉が流れていただろうなと思った。

ブラジャーとは、しばらく使用しているとアンダーが伸びてくるらしい。ブラデリスでは、購入店舗に持ち込むと無料でアンダーをカットして縮めてくれるというサービスがある。アンダーをカットする必要がある時期に、次のフィッティングの予約をさせられた。ブラジャーのラインナップの1つに加えて、週に1~2回ほどつけられればいいかなと思っていたところ「他のブラジャーをつけるとせっかくホールドした胸の肉が流れてしまうので、毎日頑張ってつけていきましょうね」と言われてしまった。

1枚のブラジャーが1万円、育乳の指導に、定期的なカウンセリングとアフターフォロー。これを安いと見るか高いと見るか。ブラジャー界のエステサロンとも言えるし、ITの用語でいうとベンダーロックイン(他のメーカーへの乗り換えが困難になること)されてしまったと言うこともできる。

獲得した自己受容感覚

今はすっかり、ブラジャーの付け方も覚え、せっせと周辺の肉をカップにおさめ、 2枚のブラジャーを毎日手洗いしながら回している。自分の身体を見ると、いまだに色素沈着もあるし、お腹も真っ平らには程遠いし、脚も太いのだけれど、「美しいのでは?????」と自信が持てるようになった。今の私には、減量できたという成功体験があり、目標を達成して自分の思う姿になることができる、という感覚がある。今の身体は自分らしいもので、自分のよさを保ったままより美しくなりたい、と思うことができるようになった。それは「少女のような華奢な身体がうらやましい」と思っていた頃より、自分を確実に前へ進めてくれる感覚であるように思う。

 

本記事は「健康 Advent Calendar 2018」の19日目(実質1日目)のエントリでした。