kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

踊る編集者が日々のとりとめもないことについて思索を広げる空間

2か月で3kgぐらい増えたかも…

最近体重が増えた。理由は明白で、おやつを食べているから。

2か月より前は、運動を全くと言っていいほどしてなかった。

4月以降は家で運動をよくしていたのでそれでしばらく筋肉量が増えた、と思っていたけれど、ここ最近になって運動をサボっていたら、体重だけ変わらない状況になった。むしろ増えた。

運動すると体重が増える現象、運動のモチベが沸かないのでやめてほしいなぁ。

日課だったあすけんの記録もできてないし、そりゃあそうだろなと。

6月頭に少し大きめな締切があるのだけど、6月末までに痩せたい理由もあるので頑張っていかなければならない。

今日からやっていくこと

  • あすけんをつける
  • FitXRのHIITを1プログラムでもやる
  • プランクを30秒でもいいからやる

私は来月末までに体重を落としたい。食事記録をつけるのをやめるとすぐ体重が増えてしまう。

I want to lose some weight until the end of next month. If I stop to make a record of my meals, I will gain weight.

グミばっかり食べている

最近間食が多くて、特にグミを1日1~2袋くらい食べてしまう。

間食、いらないときは全然いらなくて、お菓子やアイスの前を通っても「ふーん、全然いらないわよ」となったり、自分をいたわりたいときにコンビニに行って好きなものを買おうとしても「なんか食べる気起こらないな」となったりするんだけど。

最近はコンビニのお菓子なり、家に常備してあるプロテインなりをよく口に入れてしまう。

理由は締切に追われているからで、ちゃんと食事記録を取れば一定抑制できるんだけど、なんかできずにいる。

この手の食欲は、身体が欲しているのではなく、脳が欲している、半ば依存症のようなものであるということは理解している。

お菓子を食べたいときは、身体ではなく脳が欲している。これは依存症なのだ。

When you want to eat sweets, your brain wants it, not your body. This is an addiction.

むくみはマシになったかもしれないが

相変わらず椅子の話。

在宅ワークでの脚のむくみ対策は「座面の高さ」が重要かもしれない - kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

昨日はこれまでよりも自分の身長に合ったテーブルの高さや椅子の高さで過ごしてみました。

おおむねいい感じで、むくみも、以前のような「もうどうしようもなくヤバく、他が良くてもこれだけでオールNG」と思うくらいのむくみではなく、「まぁこれだけ座ったらこのくらいむくむよなー」と納得できる程度に収まったのでよかったのはよかったです。

しかし今度はアーユル・チェアー特有のお尻の痛みが気になり、作業がしたいのに「もうお尻が痛いのでこれ以上やりたくない」というモードになってしまいました。

するとやっぱりバーテブラ03もいいような気がして……。なんだか沼にハマったかもしれないです。

この椅子に座ってお尻が痛くなるだけなら構わないけど、それで作業がやりたくなくなるのが嫌です。

I don't mind if my butt just hurts from sitting in this chair, but I don't want it to make me not want to do the work.

在宅ワークでの脚のむくみ対策は「座面の高さ」が重要かもしれない

在宅ワークで座る環境をなんとかしたく試行錯誤しています。

椅子を迷っている

先日のエントリでは、今使っているアーユル・チェアーは姿勢改善効果は高いけどむくみがやばいということを書きました。

kondoyuko.hatenablog.com

当時の仮説としては、あまりに座面が固いため、太もも裏に座面が食い込んで血流を阻害してるんじゃないかと。そこで、もう少しワークチェアとして普通のもので、そしてデザインも気に入ったものに置き換えたい気持ちが起こりました。

そこで検討の俎上に上がったのがイトーキのバーテブラ03です。

kondoyuko.hatenablog.com

バーテブラ03、おしゃれな人が在宅勤務を経て続々と導入しており、Twitterで検索して画像を眺めるだけでも美しくてうっとりします。みなさん、写真がお上手で部屋もきれい。

ただ、4本脚スタイルはどう考えても座面が高い。深く座った際に、脚が床に付きません。座り心地はおおむねいいのですが、腰のサポート具合や、坐骨で座れている感じなどがちょっと頼りないです。

自分にとって適切な椅子の高さ、机の高さは何か?

ふと、私の身長では椅子の高さや机の高さはどのくらいであるべきかについて気になり、バウヒュッテのサイトで調べてみました。

www.bauhutte.jp

身長156cmの私には、適切な椅子の座面高は38cm、机の高さは61cmと出ました。

f:id:kondoyuko:20210523165722p:plain

これは思ったより低い数値ではないでしょうか。

作業用のデスクの標準の高さは70cm。そして座面高が調節できる椅子でも、一番低くしても40~42cmくらいが多いのではと思います。

実際、今使っているアーユル・チェアー オクトパスの座面高の最低は41cm、バーテブラ03の5本足キャスタータイプだと42.5cm、今回レンタルした4本足タイプだと座面高は固定で45.5cm。

また、机の高さも同様に、「身長が低いので標準よりもちょっと低めで。背筋が伸びるほうがいいだろう」と、昇降デスクの高さを68cmくらいにしていましたが、これは適切な高さと比べてめちゃくちゃ高かったんですね……。この机の高さに合わせて椅子の高さを合わせていたような気がします。

むくみ改善のための仮説

なので、まずアーユル・チェアーを最低の座面高にし、机の高さも最適な数値に合わせてみました。すると、なんとなく脚の付け根への負担が軽くなったような気がします。まだこれで終日作業していないのでむくみの軽減になるかは分からないですが、効果あるといいなぁ。

バーテブラ03は、残念ながら自分の身体には合わないと判断しました。部屋に置くことを夢見てファブリックとフレームの組み合わせを何パターンも試し、レンタルまでしてしまいましたが……。

レンタルサービスは最低3か月分の料金が発生するため、ちょっとした椅子が買えてしまうくらいの値段がかかってしまいもったいなかったですね……。これが試座だけで検証できるとよかったのですが、一生モノの椅子に関する知見が得られたということで良しとすることにします。

椅子の座り方に関する動画

椅子への座り方について調べていて、よかった動画を2つご紹介します。動画で推奨している座り方は、骨盤を立てて坐骨で座るというもので、どちらもアーユル・チェアーに座っている状態と矛盾がありませんでした。

今後座っているなかで辛さを感じたとしても、イスが悪いのではなく私の座り方が問題ないかどうか、考えてみることにします。


www.youtube.com


www.youtube.com

まとめ

小柄な女性が姿勢良く、むくみもなくオフィスチェアに座るには、座面の高さが重要なのかもしれない。

The height of the seat may be important for petite women to sit in an office chair with good posture and no swelling.

『英語日記BOY』を読んだ

中田敦彦さんのYouTube経由で『英語日記BOY』という本を知り、読みました。

英語日記BOY

英語日記BOY

  • 作者:新井リオ
  • 発売日: 2020/01/04
  • メディア: Kindle版


www.youtube.com

この本は、留学したいけど金銭的な理由で難しかったバンドマンの学生が、「英語日記」などの独自の独学メソッドを編み出し、世界とつながりながら活躍していくまでを紹介したもの。本人も言っていますが、英語学習書と自伝の中間的な本です。

著者の新井リオさんは私の8歳下ですが、これまで考えてきたこと、やってきたことの深さが全然違っていて、「何をやってきたんだろうなぁ」と思わされるところもあります。ですが、ここでしっかり著者さんを尊敬して、行動を変えていきたい。それがいつまでも柔軟に学び続けられる姿勢なんだろうと思います。

まずiPhoneのUIを英語に変えました。自分だけのLINEグループに単語帳を作るというのもやってみました。英語日記は、これからここに書こうとしています。

本を読んで思ったのは、編み出したメソッドは非常に再現性があるもの。しかし、著者さんの若い頃からの活躍や行動力には、只者じゃない感がある。

英会話ができなくて悔しかったエピソードとして、アメリカで活躍する憧れのバンドと対バンしたときの話があるけど、そもそもそういうシーンに出会うなんて20歳前後であまりないでしょうし、その後も、アメリカでライブ参戦後に野宿しようとしてその後感動的な出会いがあったエピソードも、「こんなドラマチックなことがあるのか」と思わずジーンと来てしまった。

あとは彼がカナダに滞在して英語とデザインの学習をしていたときの話。英語学習を10時間、デザインの独学練習を3時間を毎日していたそうですが、これもなかなかできることじゃない。このときの彼の状況はこうだったのだそうです。「モチベーションの上げ方を考えるまでもなく、常にやりたいことが目の前にある状態」。心からうらやましいと思いました。

彼のようにこれまで生きてこれなかった自分を悔しく思うけど、どう生きたいか考えるヒントをもらった本でした。

早速英語日記です。

私は年下のすごい人の生き方について書かれた本を読んで悔しくなったけど、私は彼を尊敬して行動を変えたい。

I was frustrated to read a book about the life of a younger amazing man, but I respect him and want to change my behavior.