kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

カルチャーをハックするような文章が書きたいkondoyukoのブログ。

スナックのママ、やってみた:気楽に飲み会する手段としての1日バーテン

2011年頃より、自分の誕生日を記念したパーティーなど、自主企画の飲み会をたまに開催している私。自分つながりの色んな人が来て、仲良くなってくれるのを見るのは楽しいものです。

ただ、店でやった場合、

  • 参加者の取りまとめと店への連絡が面倒
  • ドタキャン時のキャンセル料が痛い
  • ホームパーティーと比較し参加費が高め
  • コンセプト性に欠ける

という問題や、ホームパーティーや貸し会場で行う場合は、

  • 食べ物飲み物の需要と供給バランス(足りない、余った…)
  • 必要な機材、お酒などの持ち込みが大変
  • 会費どうするか問題(高すぎず、赤にならない。お酒を飲まない人に考慮した価格設定)
  • ゴミの問題(基本きれいにして帰る必要あり。ゴミはどこに捨てる?)
  • 色んな人に来てほしいのに参加のハードルが高い(内輪っぽい印象がある)

といった問題があります。

いっそ「店で居抜きで飲み会やれないかな〜」と思っていました。ドタキャンドタ参歓迎の、誰でもこれるような空間。

こんな記事もありました。

r.gnavi.co.jp

そこで、去る1/22(日)、尖ったイベントをやっていることで話題のイベントバーエデン(@Eventbar_Eden)にて「スナックゆうこ」を開催しました。キャパが15席のこところ、30人くらいの方に来ていただき、常時立ち飲み状態でした。私が近年主催したイベントのなかでもかなり大成功な方だったと思います。

f:id:kondoyuko:20170124125045j:plain

実施までの流れ(スナックゆうこの場合)

  1. エデンのツイッターをフォローする
  2. てんちょうさんから「就活イベントやりませんか?」とリプライがくる
  3. 「就活イベントはともかくスナックゆうこなら……」ということで打ち合わせに行く
  4. 開催日程を決める
  5. 集客をする
  6. 開催

私の場合は、イベントバーエデンを元から知ってて気になってたことと、エデンのてんちょうさんが私を知ってたこともあり、トントン拍子に進みました。

エデンは、「メンヘラバー」「宗教バー」といった特徴的なバーを開催しているため、変な人でないとバー開けないと思ってましたが、ちょっと友人が多いだけの普通の人である私もバーを開催できました。

ファンが多いブロガーさんにもオススメできるかもしれません。

よかったこと

持ち寄りがちょうどいい

メニューは、お酒500円、ソフトドリンク300円(ソフトドリンク飲み放題1000円)、食べ物はほとんど出さず、お客さんが食べたいものを持ち込みOKにしました。みなさんお差し入れしていただき、食べ物は十分でちょうどいい量だったかと思います(自分が持ち込んだお弁当を食べる余裕がなかったくらい…)。

手作りケーキを差し入れてコスプレしてきてくれた方がいたり(私も赤ドット和装に割烹着)、

id:korotoroさんが開店祝いのお花?を作ってくれたりしました。

お客さんが協力的

店内に人が多すぎて立ち飲み状態だったというのもありますが、お客さんが積極的にお手伝いいただいてありがたかったです。お酒を作ってくれたり、差し入れを切り分けてくれたり。。

放置でも勝手に盛り上がってくれる

自分をハブにした集まりというと、誰か馴染めてない人がいれば、自分が話し相手になったり他の人とつないだり、おせっかいおばさんの役をしなきゃと思ってたんですね。まあ多少はした、けれども、忙しくてそれどころじゃなかった!ので、割と放置でした。

けれどもお客さん同士でもりあがって、あんまりぼっちな人もいなかったので助かりました。「ゆうこさんとは何つながりですか?」と言い合ったりするシーンも見られたので、多少は自分が媒介になれたかなと思います。

カラオケが盛り上がる

私の年齢の関係で、どうしてもお客さんの大半がアラサーアラフォーになるため、子供のころのヒット曲がとにかく盛り上がる! みんなで合唱する!

昔はカラオケに行くのが好きだったのにもかかわらず、今はカラオケではあまりしゃべれないからという理由で行かなくなりました、が、飲み屋で歌うとみんなで盛り上がって楽しいもんですね。一緒に歌ってもいいし、応援してもいいし、無視して他の人と喋っててもいい。

誤算だったこと

思ったより喋れない! 労働!

当初は、「赤字に怯えず参加者も気軽な立場で飲み会が企画できたら…」というモチベーションだったんですね。ドタキャンも多いだろうと歩留まりを考慮して予約を際限なく受け付けてたら、みんな来てくれた

だらだら飲みながらたまにお酒作ってカラオケしたり、席が空いてきたらカウンターに一緒に座って…ということを想像してたんですが、全く忙しくて注文をさばくのに必死でした(ちゃっかり2曲歌ったけれど)。

ほか、食べ物が残らないように分配したり、閉店してから片づけが大変でないようにこまめに洗い物やゴミ捨てをしたり……。カウンターばかりの居酒屋でバイトしてた経験が生きました。

次回に気をつけたいこと

初回だったので店のことも把握しきれておらず色々手間取ったのですが、次は下記のことに気をつけようと思います。特に最後が重要。

  • 足りなそうな備品は自分でも用意しておく(プラコップ、割り箸、紙皿、氷)
  • ビールが足りなくなったので多めの補充を依頼しておく
  • お酒の作り方を勉強しておく
  • お客さんが帰るときには毎回お見送りをする

次回のスナックゆうこは3/5(土)開催です

次回もイベントバーエデンにて開催します。更新情報はこちらでご覧ください!

kondoyuko.hatenablog.com

(開設したばかりでいいねがまだ全然ないですが。。。)