読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kondoyukoのカルチュラル・ハッカーズ

カルチャーをハックするような文章が書きたいkondoyukoのブログ。

自分で自分の誕生会をする in 綱島温泉

29歳の日の始まりを綱島温泉で過ごした。最高の日だった。

誕生日というのがいつしか自分にとって重要な意味を持ち、自分が主役の日を目一杯面白く過ごしたいというのと、自分と縁がある人がだれでも参加し、楽しんで帰ってもらいたいということもあり、数年前くらいから、自分で自分の誕生祭を主催するということをしている。

人がただ一つ歳をとるだけのことに対して、どれだけ当人でない人が喜べるか。時間と参加費と、ありがたいことに贈り物やサプライズを用意してくれた方もいて、それに見合うだけの会としての魅力と、自分自身の魅力を高めないといけないなあ、ということは毎年悩ましく思っている。

昨年、一昨年と自宅でやっていたが、今年はどこか他の場所でやりたいという思いがあった。どっか他の場所、三鷹の反転住宅などを借りるという案もあったが、一度、綱島温泉という場所で宴会をしてみたいと思っていた。その矢先に、綱島温泉が5月で休園するかも、という知らせが舞い込んできた。

3月くらいから予約、Facebookイベントを立てて、最終的には、他の目的で訪れた人も含め、30人以上の方にお祝いしてもらった。ありがとうございました。

デーン。

なんと2Fの奥の広い座敷を借りることができた。まだ始まったところなのでぽつねんとしている。カラオケセット付きで、1回100円でカラオケを楽しむことができる。他の方いわく、大広間を借りれるのはかなりラッキーらしい。

「えー、ただいまよりー」的な開催の挨拶(のまねごと)

参加者が来る前にひとっ風呂浴びる。こっくりとした黒湯でお肌ツルツルになる。この日は3回入ったが、20時台にはだいぶ人が多かった。

温泉ということで、旅館浴衣を楽天で購入。「ここで貸してくれるの?」と言われたが、残念ながら持参したもの。宴会場の光景にマッチしてとてもよい。

同日別イベントのギークハウス綱島温泉勢や、音楽イベントのととのう参加の方も入ってきて、カオスな感じ。

4歳の女の子もお祝いに来てくれて、かくれんぼなどして遊ぶなどして過ごした。

今日のハイライトは、カラオケでももクロZ女戦争を歌う(友達がヲタ芸をしてくれる)→友人たちが、私の大好きなカービィのケーキを特注で作ってくれた。感動。絶叫。29本のろうそくを刺して、みなでいただく。

11:00〜17:00まで借りていたので、長くてダレないかなあと心配だったけど、時間はあっという間に過ぎた。16:30くらいから撤収作業するなど。靴が見当たらなくなる人が結構いた(最終的に見つかっていてよかったが)。

17:00からは1Fの広間でダラダラしたり、カラオケを歌ったり、汗かいたら温泉に入ったり、飲み疲れてきたので広間から出てだらだらしたり、最後にもう一度風呂に入ったり、偶然に来ていた知り合いの方と喋ったり、壁にメッセージを書いたりして、21時の閉園時間いっぱいまで滞在した。

1Fの広間で、若者のカラオケにあわせて高齢者が社交ダンスを踊っている光景がなんとも素敵だった。でもこの日は、広間に若者が多くてなんだか申し訳ないなあという感じ。

テラスに出て中庭を見ながら、本当にいい場所だなあと、ここで誕生日を過ごせてよかったなあと、思った。

来年

誕生日では「今まで1年はこういう年だったけど、今年はこういう年にしたい」という宣言をする人が多いと思うけど、私の場合は「来年の誕生日どうしよ〜」と思うことにリソースを使いすぎてしまう。20代最後か〜、年齢なんてどうでもいい問題で、その分若々しくあればいいだけなんだけど、やっぱりちょっとだけ焦るな。

30歳の誕生日の日も、みんなで楽しくすごしたいです。